『みじんこ洞紙もの祭り』終了レポート

Pocket

9/22(日)に四谷プラザエフで『みじんこ洞紙もの祭り』に参加しました。

ご来場の皆様ありがとうございました。
今回は紙もの、フリぺがたくさん集まるイベントなので、ぼくも今まで作ってきたブックカバーシリーズ「Bibliotheca Closet」と「星占い」で出展しました。
ブックカバーの方は紙ものですが、せっかくなら占いの方も紙ものとしてフリぺを作ろうと思い立って漫画を描くことにしました。
最初は漫画にするつもりはなくて、イラストとテキストの雑誌コラムっぽいものを目指していました。でもテキストを書くと冗長になるし、イラストでは相当枚数を書かないと情報量が追い付かない。だったらもう漫画にしちゃえばいいじゃん、という結論になりました。
実は初めてのストーリー漫画です(ブログで4コマは描いてましたけど)。ぼくが占い鑑定で話すときは例え話だったり頭に浮かんだイメージを言葉にして解説することが多いので、そういうのを物語にしたら描けるような気がしました。
こちらのリンクから読むことができます。

【星占い漫画】『星の世界を旅してみれば』Vol.01全ページ公開!

9/22(日)に「みじんこ洞紙もの祭り」にて、星占いの運勢を物語にした漫画『星の世界を旅してみれば』をフリーペーパーとして配布しました。 …が、イベント終了後に乱丁(ページ構成の間違い)が見つかり、楽しみに持ち帰ってくだ …

会場の様子

当日は夜に台風が来るかもなんて思えないくらい晴れ渡っていて、会場はずっと賑やかで楽しい雰囲気でした。帰りもそんなに降らなかったし。
久々に販売したブックカバーもたくさん買っていただけて嬉しかったです。最近は占いづくしで作品の販売イベントに出ていないので再スタートしようかな。
占いのお客さんは概ね、今の自分の所属に悩んでいる方が多かったですね。ここ数年は牡牛座・乙女座・山羊座の土属性ムードが強いので、目の前の現実や社会との関わり方に意識が傾きがちです。仕事にしろ恋愛にしろ、社会や他人、ルールや常識という大縄跳びにどうやって入るかといったところで停滞している感じでした。入り方の癖を見つけてあげたり、そもそも入ろうとしてる縄が違うんじゃない?とか、アドバイス的にはそんな感じです。時期的にそういうムードに押されているのですでにある何かに取り入ろうとしてしまうんですが、そのために初めから自分が持ってる特性を均してしまって苦しくなっている印象。大縄跳びに入るのはやめて、自分で回した方がいいよという人もいたりします。

ほんと写真を撮るクセが無くて会場の様子を全然撮影してませんでした(汗)。大体いつも終わってから撮ってないことに気がつく。。。
さて、ぼくの隣のブースにはマジックの人がいて、テレビや舞台じゃなくて目の前でテーブルマジックをやってもらってすごく感動しました。当たり前だけど言葉で伝えるのが難しいなぁ(笑)。何か仕組んでいるらしいのはわかるんだけど、それが何かがわからせないのがすごい。

”紙もの祭り”なのでメインは手作りの紙雑貨やフリーペーパーの配布がたくさん。フリペ業界(というのがある)の人気作家さんや製本屋さんの紙グッズとか即興切り絵の人とか。ぼくも接客してたのであんまりゆっくり見れなかったけど。
それとタロット占いの人がいたのでぜひやってほしかったけど、とても人気で入るチャンスがなかったのが心残りです。
心残りといえば、頑張って描いた漫画をフリぺにして配布したのですが、なんとページが間違って印刷されていたことが帰ってから発覚しました。。。


ぼくとしては初めての漫画ですごく自信をもって仕上げたので、もうなんかすっごい落ち込みましたね(笑)。まあでもフリぺでよかった。
今回はコンビニ印刷だったので、ちゃんと印刷してまた配布します。
来月以降もイベントの予定があるのでその時までに用意しておきますね!

次回のイベント

さて、次回のイベントは10/20(日)です。
いつもお世話になっている二子新地のハンドメイドショップ&カフェ「May’s diner」さんで月一イベントのプチマルシェに参加します。
今回はぼくと、タロットなどを専門にしているつきもも恵子先生と二人の「プチマルシェ・占いの館」となります。
こちらはまた告知しますのでお楽しみに!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください